熊本県熊本市楠、龍田、武蔵ヶ丘、合志市を主な診療圏とする眼科医です。視能訓練士3名常駐。緑内障、加齢黄斑変性症、斜視、弱視、ロービジョンケア等。

原眼科
南阿蘇原眼科

南阿蘇にもOCT導入しました

      2016/02/10

今までは楠本院のみの運用でしたが、南阿蘇原眼科にもOCT (optical coherence tomography; 光干渉断層計) を導入しました。

数十秒で網膜の厚さを正確に測定できます。

黄斑変性症や、糖尿病などに伴う黄斑浮腫、緑内障などの失明に至りうる疾患の早期発見が可能になります。

院長 原竜平

 - お知らせ