熊本県 南阿蘇・大津町を診療圏とする眼科医です。緑内障、加齢黄斑変性症、斜視、弱視、ロービジョンケア等。

       
南阿蘇原眼科

ウイルス性結膜炎

眼球表面の白目の部分や、まぶたの内側をおおっている薄い透明な膜(結膜)に炎症が起こると、充血し目ヤニや涙が出たり、まぶたが腫れてきます。これが結膜炎です。

伝染力の強いものは集団発生を起こすことも

ウイルスが原因で起こる結膜炎には軽いものもありますが、非常に強い症状の出る結膜炎もあります。アデノウイルスによって起こる「流行性角結膜炎」や「咽頭結膜熱(プール熱)」、エンテロウイルスによる「急性出血性結膜炎(アポロ病)」は非常に伝染力が強いことから、一般に「はやり目」と呼ばれます。これらは学校や病院内で集団発生を起こすことがあります。そのため学校伝染病に指定され、治療するまでは登校停止が義務付けられています。

流行性角結膜炎は約2週間も感染する可能性がある

症状は原因となるウイルスの種類によって異なりますが、強い充血、多量の目ヤニ、まぶたの腫れ強い異物感が出たりします。咽頭結膜熱では、さらにノドの痛みや熱が出たりします。これらの症状は約1週間でおさまりますが、流行性角結膜炎は約2週間も感染する可能性があります。現在のところ、ウイルスに効く特効薬は残念ながらありません。しかし、ひどい時には黒目(角膜)にキズが残って、視力低下をきたすこともありますので、きちんと治療を受けなかればなりません。眼帯は症状を悪化させますので、注意して下さい。

はやり目にかかったら他の人にうつさないように注意すること!

ウイルスは煮たり、焼いたりしないと死滅しませんが、全てをそのようにすることは出来ません。当人だけでなく家族も、手を頻繁に水道水で石鹸を使ってよく洗わなければなりません。タオルは別にするか、ペーパータオルを使うのが良いでしょう。洗面器も別にし、風呂は最後に入るようにしましょう。はやり目にかかった人は、病気を他の人にうつさないように細心の注意を払わなければなりません。プールは必ず医師の指示に従うようにして下さい。

原眼科 院長 原敬三

 - コラム